多様な働き方制度 構築 | 社員が辞めない多様な働き方ができる会社をつくります。

多様な働き方制度 構築

Mutualism

多様な働き方制度構築
Mutualism

採用力UP!
離職率DOWN!

社員が責任をもって自由に働ける会社をつくりませんか?

Mutualismとは?

フレックスや在宅勤務など様々な労働制度を組み合わせ、
会社のビジネスをしっかり守りながらも社員が自由に
働ける会社をつくるサービスです。

社会保険労務士監修のもと、法律に合った形で制度構築を
行います。

こんな会社様にお勧めです。

  •  採用が年々難しくなってきており、多様な人材を多く採用したい。
  •  育児や介護、キャリアプランなどの理由で退職する人が増えて困っている。
  •  「こういう働き方をしてほしい」という想いはあるが、法律上どう扱ったらよいか分からない。
  •  在宅勤務やフレックスタイムなどの制度を検討してみたい。
  •  曖昧になっている働き方のルールを明確にして社員に周知したい。

なぜこのサービスが求められるか

今、日本は労働力人口減少の危機にあります。
さらに女性や高齢者の労働者が過半数を超え、
働き方や価値観の多様化が進んでいます。

今まで大半を占めていた
「フルタイムで」
「毎日オフィスに出勤し」
「何十年も働く」
社員はどんどん少なくなります。

なぜこのサービスが求められるか

日本にはフレックスタイムやテレワーク(在宅勤務)、
裁量労働制など多様な労働制度が用意されていますが、
あまり活用されていません。

また、諸外国のように兼業が可能ではなかったり、
独立支援制度がなかったりすることが大半です。

つまり働き方の選択肢を増やすことで、今まで
採用できなかった人を採用することができ、
育児や介護などのライフイベントで退職する
社員を減少させることができます。

1か月単位の変形労働時間制
フレックスタイム制
テレワーク(自宅勤務)
定額残業制
企画業務型裁量労働制
限定正社員
短時間勤務
1年単位の変形労働時間制
兼業・副業
固定勤務制
起業・独立業務委託
事業場外みなし労働時間制
専門業務型裁量労働制
シフト制

本当にフルタイムの社員だけが必要なのか?フルタイムじゃない社員はすべてパートでいいのか?
本当に毎日オフィスに出勤して定時で働く必要があるのか?
本当に在宅勤務やフレックスタイムなどは適用できないのか?
を会社のビジネスモデルや業務内容をヒアリングし、最適な制度づくりを支援します。

具体的なサービス内容

サービスは弊社の社会保険労務士が対応します。

多様な働き方の設計だけではなく、就業規則への記載や
労使協定の締結、同意書の作成までサポートします。

また、重要なのが「社員への共有」です。
分かりやすく、会社としての説明がしやすいように
ルールブックを作成します。

※適用できる労働制度は職種や社員の能力によって異なります。

料金

  • ルール構築、規則作成
    30万円~
  • 社員研修(管理職研修)
    10万円~
  • 工数管理システム
    500円/人・月
  • 運用支援
    10万円~/月

※変更内容や範囲、作成物により価格が変わりますので詳細をヒアリングし、お見積りさせていただきます。